info@dayout.tokyo

VOICE

2016.06.15

[PR] ここが東京!?まるで海外にいるような写真が撮れるスポット3選

TOKYO DAY OUT 編集部

ふとした瞬間に覗いてしまう、SNS。中でも、「ヴィジュアルファースト」で、とにかく素敵だな!と思った写真に気軽に「いいね」をつけられるInstagramは、大人気。おいしいものを食べたり、きれいな景色を見たときに、その瞬間を切り取って、感動までシェアできてしまいます。さて、今回はそんな「インスタ映え」も抜群の、都内にいながらにして海外にいるかのような素敵な写真が撮れるスポットをご紹介します。 今回は月刊「大人のソニー」とのコラボレーション企画!なんと今回ご紹介する3つのスポットの写真はすべて、プロのカメラマンにコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)の使い方をレクチャーしていただきながら、カメラ初心者であるライターの私が撮影をしたものなんです!プロのひと技を加えるだけで、こんなに美しい写真が撮れるものか、と我ながら感動してしまいました!そして、いつもはスマホの写真で済ませていた私も、てのひらサイズでとっても小さく軽いのに、多彩な機能を兼ね備えたコンデジに、あっという間に夢中になってしまいました!スマホでは撮れない奥行きのある写真や、暗いところでもブレずに美しい色彩が再現できるところ、そしてWifiですぐさまスマホに転送して、SNSでシェアできるところなど、まさにコンデジはおでかけのおともにぴったり!是非、この写真の美しさにも注目していただきながら、3つのスポットをチェックしていただければと思います。


港区に現れたドイツの街並み! ~高輪プリンセスガルテン~ この写真とともに「#ドイツなう」なんて、つぶやこうものなら、瞬く間に「いいね」がつきそうなこちらの場所、なんと、東京都港区にあるんです。こんなにおしゃれなドイツの街並みが品川駅の高輪口から徒歩6分のところにあるなんて…!気になる建物の中は、本格的なコンサートホールになっていて、定期的にコンサートが行われているようです。 また、併設されたレストランfait maison(フェメゾン)では、「ホームメイド」というその店名の通り、どこか家庭料理のようなあたたかさを感じる美味しいフレンチがいただけます。ランチコースは2500円から、ディナーコースは5000円からと、気軽に楽しめるところも魅力的♪ 都会の喧騒を離れ、ヨーロッパに行った気分で、お散歩がてら美味しいフレンチに舌鼓…なんて、ここからはじまる休日は、すてきな1日になりそうな予感ですね!
※「高輪プリンスセスガルテン」は、商用撮影の場合には使用料金が発生しますので、事前に申請が必要です。ご注意ください。


電車で行ける!水の都ヴェネツィア~自由が丘 ラ・ヴィータ~ こちらは、自由が丘の街に突如として現れる、異国情緒たっぷりの空間「ラ・ヴィータ」です。ラ・ヴィータとは、イタリア語で生命や人生という意味で、まさに人生を豊かにしてくれるような素敵なショップが集まる複合施設。ヘアサロンやアロマテラピーのお店、上質な革製品を扱うお店など、お散歩がてら覗いていきたいお店がたくさん。 水の都ヴェネツィアのような美しい街並みに、水面に浮かぶゴンドラ、夕方になったらライトアップされる橋など、とにかくムード満点!象徴的な大きな時計台は、外国人観光客にも人気で、ちょっとしたフォトスポットにもなっているんだとか。自由が丘には、この周辺にもたくさん寄り道したいショップが目白押しなので、アクティブに過ごしたい休日の午後におすすめです!


雰囲気ある路地裏の絶品上海料理 ~新宿 上海シャオツー~ ここはどこ?エキゾチックな風情ただようアジアの路地を思わせるようなこちらは、新宿にある上海シャオツーというお店です。眠らない街、新宿・歌舞伎町で、なんと朝の5時まで絶品上海料理が食べられます!「上海の人たちが、いつも食べている物を、そのままの調理法で」というモットーのもと、提供されるお料理は、どれも本当に超絶絶品です!!!そして、メニューの数もとっても多い(なんと600種類以上!?)ので、足繁く通って、コンプリートを目指したい!と思ってしまうこと、間違いなし…♪ 迷ったら、まず注文してほしい必食のメニューがこれ。名物の「はまぐり炒め」と、その奥に見える「揚げパン」です。この2つのセット、この世の無敵コンビといっても過言ではないくらい本当に美味しいです!はまぐりを食べ終わった後も、残ったタレに揚げパンをつけて食べる!というのがお約束。注文する前は、「え?はまぐりに揚げパン?なぜに?」と、はてなマークでいっぱいだったのですが、ひと口食べれば、美味しすぎて納得!泣く子も黙る美味しさです。ここでおなかいっぱい食べて休日を締めくくれば、明日への活力がどんどん沸いてくること間違いなし…!ちなみに、うさぎや鳩、サソリや豚の脳みそ、牛のペニス煮込みなどスタミナ系ディープメニューも目白押しなので、これらも是非挑戦してみてください♪ いかがでしたか?タイムラインの写真を見た友達が、どこかに旅行中なのかと勘違いするほど、海外みたいな写真が撮影できる、これらの場所。非日常を味わいたいときや、どこかにエスケープしたいときの気分転換にもぴったりですね。ちなみに、今回この撮影で使用したカメラはRX100Ⅲ。カメラマンの鈴木さんに、撮り方のコツを教えていただきながら撮影すると、我ながらいつもと違った写真が撮影できて、ワクワクしました。高輪プリンセスガルテンや自由が丘ラ・ヴィータで風景を撮影するときに教えてもらった、「カメラを地面に近づけて撮影する“猫の目”撮影法」で空間を広く見せ、そして、ついまっすぐ正面から撮ってしまいがちだけど「中心部をあえてずらす」ことで奥行きが出る…というTipsはまさに目からウロコでした。また、上海シャオツーでお食事など近くを撮影するときは、できるだけ「被写体に近づく」そして、「手前いずれか奥に映るものをぼかす」というのも、これまで自己流で撮っていた写真と比べると、ぐっと美味しそうに見えて、写真を見ただけでひとくち食べた時の感動が蘇ってくるようでした! 何気ない日常がドラマチックになったり特別になったりする、それはまさにカメラのなせる業だなぁと思います。スマホでは出せない「ボケ感」や「空間の広がり」そして、一眼レフのような威圧感や物理的な重さがなく気軽におでかけに連れていけるのは、コンデジだからこそ…!しかも、即時にWiFiでスマホに写真を転送して、そのままSNSにUpする、なんてことも可能。RX100Ⅲをおでかけに連れていけば、ますます楽しく特別な休日になること、間違いなしです!ちなみに、月刊「大人のソニー」のサイトでは、今回素敵な写真の撮りかたをレクチャーしてくださった、カメラマン・鈴木さんの写真を見ることができます♪ 私と同じ場所を撮影しているのですが…同じ場所とは思えないほど素晴らしくアーティスティックな「モノクロの世界」が表現されています!!!こちらも是非チェックしてみてくださいね!

<

>