info@dayout.tokyo

VOICE

2018.07.06

新書籍が発売!今回は「こどもと一緒の東京ガイド」

しまざき あきみつ


「TOKYO DAY OUT」では、これまで「東京の24時間を旅する本」「東京タラレバガイド(非売品)」の2つの書籍を発行して参りましたがこのたび書籍企画第3弾として、東京で暮らす親子のためのガイドブック「一年ごとに世界が変わるこどもと一緒の東京ガイド」を2018年7月15日より全国書店および電子書籍版にて販売いたします。

こどもの年齢ごとに異なる東京の魅力を描く

東京はこども人口も多く、バリアフリーの設備も充実していておでかけスポットも沢山あります。TOKYO DAY OUTのメインの読者層である30代の女性の中にもこどもをもつ親も沢山いらっしゃいます。そこで、今回様々な親子スポットを「年齢ごとにニーズが変わるおでかけ情報」として整理しました。
今回の対象は0歳から6歳まで。例えば、0歳では「特別な写真を撮る」をテーマにお宮参りやお昼寝アートなど写真に関係するおでかけスポットを紹介。1歳では「仲間を見つける」と題して、親子同士、ママ同士が交流できる施設や、ハイセンスな親子カフェなどを紹介。年齢ごとに特徴的なトピックスに合わせることで、よりおでかけのイメージが膨らみます。

東京で暮らす注目の6 人にインタビュー

青柳文子さん(モデル・女優)、はしのえみさん(タレント)など出産を経て今後の活動が注目される6人の著名人のインタビューを掲載。普段良く行くおでかけスポットやご自身の子育て観など東京でこどもと一緒に暮らすことのリアルを聞きました。さらに親子共演で、実際におでかけする様子を収録。可愛らしいお子さんとの仲睦まじい様子が描かれています。

11のシチュエーションに合わせたカフェ・レストランを厳選


ガイドブック後半のレストランパートでは、11のシチュエーションごとに東京のカフェ・レストランを紹介。通常のガイドブックだと、エリア別や設備の情報はあっても、居心地や出会う相手を選んだセレクトまでは難しい。そこで「ママ会したい」「大人メインだけどキッズウェルカム」「パパが楽しい」といった親子によくあるリアルなケースごとにカフェ・レストランをまとめました。編集部が実際にリサーチした本当に使えるお店が満載です。


特設サイトもオープン。
今、こどもがいる親にも、これから親になる方へのギフトへも


本の発売と連動して特設サイトもオープン。書籍に連動したオリジナルマップを公開。さらに書籍に載らない制作の裏話なども随時配信していきます。
今まさにこどもと一緒に東京を生きる人はもちろん、これから出産を控えた方へのギフトにも使える一冊になりました。

【特設サイト】
http://kodomo.dayout.tokyo/

【書籍情報】
一年ごとに世界が変わる こどもと一緒の東京ガイド発行:DAY OUT BOOKS (株式会社ハルマリ)
発売:サンクチュアリ出版仕様:B6サイズ 4c/160P 価格:本体1,300円+税
(電子書籍版も同価格)
ISBN978-4-86113-271-1 C0026


【本件に関する報道関係者からのお問い合せ先】
『一年ごとに世界が変わる こどもと一緒の東京ガイド』PR事務局(株式会社マテリアル内)
TEL:03-5459-5490  E-mail:4g2@materialpr.jp
担当:朝日(070-3607-2299)、田中(070-4540-7715)

>

<