info@dayout.tokyo

VOICE

2017.06.13

ベイエリアを一望!横浜ロイヤルパークホテル宿泊レポート【DAYOUTホテル部】

上野真依


東京からすぐ行ける観光地の代表といえば横浜! 渋谷からだと電車で30分程度ですが、東京とはまた違う落ち着いた空気が流れていて、雰囲気が素敵なんですよね〜。とくに、夜のベイエリアの美しさは、まるで宝箱をひっくり返したようで何度見ても胸がときめいてしまいます。

いつもは日帰りで楽しむ横浜ですが、今回はTOKYO DAY OUTホテル部の活動で「横浜ロイヤルパークホテル」に宿泊してきました!
横浜の観光地といえば、赤レンガ倉庫や横浜中華街、山下公園……などなどたくさんありますが、やはりまず思い浮かべるのは高層タワーと観覧車が印象的なベイエリア。なかでも私は、ドラマにもよく登場するランドマークタワーを思い浮かべてしまいます。
今回泊まった「横浜ロイヤルパークホテル」は、なんとそのランドマークタワーに入っているんです。しかも客室は52階以上……! それだけでめちゃくちゃテンションアップ。前日は海外旅行に行くぐらいの浮かれっぷりで荷物の準備をして、遠足前日の小学生のようにワクワクしながら眠りにつきました。
「横浜ロイヤルパークホテル」は、みなとみらい線の「みなとみらい駅」とJR線の「桜木町駅」の2駅からアクセス可能! 私は「みなとみらい駅」から歩いていきました。駅から「クイーンズスクエア」や「ランドマークプラザ」といった商業施設に直結しているため、屋根もあるしショップも見れるしで、約5分の道のりもあっという間でした! 「桜木町駅」からも、歩く歩道でランドマークタワーまで来られるようになっています。
到着してホテルに入ると、天井が高い開放感抜群なロビーが! さらに大きな窓からは、観覧車をはじめとした横浜のベイエリアを見ることができます。ここに足を踏み入れただけで、このホテルでの滞在が楽しみに♪ さっそくチェックインをしてお部屋に向かいます。
部屋に入った瞬間、目に入るのは圧巻の夜景! 「うわ〜」と歓声を上げ、思わず窓に駆け寄って、景色にかじりついてしまいました。地平線まで続く光の粒の綺麗さは、時間を忘れて見続けてしまうほど。この日は街側に泊まったのですが、次は海側にも泊まってみたいな〜。
そしてお部屋はこんな感じ♪ たまに、いざホテルに着いてみたら「狭っ! スーツケース広げる場所ないし!」なんてこともあったりしますが、ここはそんなこと一切なし。ベッド2台、サイドテーブル1つ、デスクセット1つ、ひとり掛けのソファーが1つにチェストとテレビ……とひと通りの設備が揃ったうえで、ふたりで7日用のスーツケースを広げても余裕があるくらいのスペースもありました。
チェストの中にはパジャマが入っていました。柔らかくて肌触りも◎。パジャマを用意しておいてもらえると、荷物が減るのでとっても嬉しい。ただ、生地は結構薄いです……。
さらに嬉しいのがバスルーム! バスタブのほかにシャワールームもついています。しかも、ノズルをひねるとすぐにお湯が出るので、水が温かくなるのを待つ必要もありません。(ただ、結構熱いお湯が出るので注意!)
普段、割と綺麗なホテルに泊まっても、シャワーを使うと絶対設計ミスだろってくらいバスルームがべちゃべちゃになったり、シャワーのお湯が使っている途中で水になったり……と、とにかく水回りに運がない私。でも今回は、充実バスタイムを過ごすことができました。個人的には、バスタオルがもう少し分厚いふかふかのだったらもっと嬉しかったな〜。
洗面台周りには、Panasonicのドライヤーをはじめ、歯ブラシやヘアゴム、コットン、ヘアキャップなどのアメニティなど一般的なものはすべて揃っています。ただ、シャンプーなどのソープ類は、とくにブランドのものが用意されているわけでも、クオリティが高いわけでもないので、普段使っているものを持ってきたほうがよかったという印象。
もちろん、ミニバーや無料のドリンク類も完備。ただ、無料で飲めるのは、煎茶、ほうじ茶、梅こぶ茶という、なかなか渋いラインナップ……! コーヒーも有料なので、せめて紅茶があったらよかったなー。まあ、ホテルの近くにコンビニもカフェもレストランもなんでも揃っているのでまったく問題はないのですが!
ちなみに、私がこの部屋で一番テンションが上がった備品は、Panasonicの加湿空気清浄機! フロントに電話すれば貸してくれるホテルは多いですが、はじめから部屋に備え付けられているのは意外と少ない気が。
今までホテルでは、寝る前にバスタブに水を張ったり、濡れたタオルを室内に干したりして、必死に乾燥対策をしていた私。でもここでは、ピッとボタンを押すだけで完了しました♪
Wi-Fiも一度パスワードを入れれば自動接続になるし、動画もスイスイ見れるスピード感。電気系はかなり充実している印象でした。
そしてこのホテル、朝食もすごいんです! なんと朝食がいただけるのは、眺望が素晴らしい70階のスカイラウンジ「シリウス」。ブッフェでは洋食と和食が用意されていて、朝はパン派の私としては、種類豊富なブレッドと、ちょっと珍しいエッグスラットがあったのが嬉しかったです。和食も煮物や厚焼きたまごなどダシの効いた染みるメニューがひと通り揃っていましたよ!
大きな窓から横浜の街を見下ろし、美味しいモーニングを食べる。これ以上清々しい1日の幕開けはなかなかないのでは?というほどでした。普段は、ご当地の食事を1食でも多く食べたいという思いから、あえて朝食をつけずにホテルを予約することも多いのですが、「横浜ロイヤルパークホテル」に関しては、朝食をつけて本当によかったです!
ちなみに、朝食の時間は7時〜10時なのですが、11時〜14時のB1F カフェ「カフェ フローラ」でのランチに変更も可能なので、万が一「寝過ごしたー!」となっても安心です。
朝食を食べたあと、11時にチェックアウトをして「横浜ロイヤルパークホテル」での滞在は終了。ベイエリアのど真ん中という立地に加え、広い客室、痒いところに手が届く備品たち……横浜観光に来たのなら「横浜ロイヤルパークホテル」に泊まっておけば間違いなし!というくらいの満足度でした。また泊まりたいな〜♪
> >