info@dayout.tokyo

VOICE

2017.06.13

ホテルメトロポリタンエドモントに宿泊!【DAYOUTホテル部】

森田文菜


平日は仕事に子育てにと追われているけれど、たまには都内でホテルステイして、家族でのんびり…なんていう都内ならではの贅沢な過ごし方ってちょっと憧れですよね。
ホテル宿泊時、チエックするポイントは部屋のインテリアやアメニティ。一児の母(7歳男子)なので子連れ旅行の際には気兼ねなく過ごせるかも注目しています。
さらに仕事柄Wi-Fiなどのインターネット環境が整っていることも重要。またアルコールとコーヒー好きなので周辺にそれらが買える環境にあるかも重要な要素です。…そんな私が、ホテル部員として、今回ホテルメトロポリタンエドモントに宿泊してきました!家事から、束の間の時間、開放されてホテルステイなんて楽しみ~!
ホテルメトロポリタンエドモントはJR飯田橋駅、水道橋駅、どちらからも徒歩約5分で到着するので電車利用者にも優しいアクセス。周辺には東京ドーム、後楽園などのレジャー施設から神社や川沿いの散歩など、自然も楽しむことができます。また東京ディズニーランドのグッドネイバーホテルに指定されており、無料送迎バスが出ているのも子どもと一緒のときには一段とうれしいサービス!
駅近ということで周辺の施設も充実。コンビニはもちろん、薬局もあり、なんでも揃ってしまうので手ぶらで宿泊なんてこともできちゃうかも?!ホテル前にレストランや病院などが集まった商業施設があるのも、便利ですね。リーズナブルな居酒屋から焼肉、小腹を満たすうどん屋、カフェまであり、ホテルで食べない時にも食に困ることはありません。
充実しているのは周辺施設だけではありません!もちろんホテル内もバッチリ!24時間営業のコンビニを始め、レストラン5店舗、バー1店舗、ベーカリーにケーキショップ、フラワーショップも。
身の回りのものから食、プレゼント、お持たせまでホテルで全てのことが完結してしまうといっても過言ではありません。ゆったりとホテルステイを楽しみたい、あれこれ外出するのはちょっと…という方にはぴったりのホテルです。
外観はブラウンを基調とした一般的なホテルの見た目ですが、足を踏み入れるとスタイリッシュでモダンなエントランスがお出迎え。
広々としていて開放感のある空間はとても快適。客室内もシックなブラウンを基調に、全体としてシックで高級感のある印象が個人的にとても好みでした。
お部屋がおしゃれな雰囲気だと、普段と違うところに来たという非日常感が味わえてより宿泊を楽しめました。インテリアだけではなく、アメニティやコップなど余計な装飾なく、シンプルな見た目が逆に新鮮で、そんな細部のこだわりの演出にも非日常感を感じることができました。
ホテルの食といえばバイキング!女性が大好きバイキング!私が大好きバイキング!朝食はプランに含まれていたのですが、今回はチェックイン後、お腹が空きすぎていたため、そのままディナーバイキングに直行。
切りたてのローストビーフに生ハム、その場で調理してくれるラーメン、握りたてのお寿司などホテルならではのリアルタイム調理が目にも楽しい!そして、ここで私が気になるのはお酒のメニュー!基本のバイキング利用料金に+2500円でアルコールの飲み放題メニューも用意されており、3杯以上飲むとお得な計算。実際にはお酒がなくなった傍からワインを注いでくれるので実質5杯以上飲め、お酒好きにはうれしい限り。おつまみにぴったりのフィンガーフードやデリ類も充実していました。
朝食もふわふわオムレツのリアルタイム調理あり。和洋折衷、さらにフォーなどのアジアンも楽しめ、とにかく選択肢が広い印象。女性が大好き♪グリーンスムージーなどのドリンク類が充実しているところもうれしいポイントでした。
ちょっとリッチな気分を味わいながら優雅に、美味しく、ゆったりとした時間を楽しめ、両親やいつも頑張っている友人、恋人、家族など大切な人を連れて来たいと思うホテルでした。もちろん仕事に家事、子育てなどいつもがんばっている自分自身のご褒美ステイとしても最適。今回のホテルステイで、また明日から頑張ろう~と思える一日でした。思い立った時にすぐ行けるのに、非日常を味わえるのって良いですね。
> >